夜トマトダイエットと防風通聖散の効果効能

MENU

夜トマトダイエットと防風通聖散の効果効能

夜トマトダイエット体験談
夜トマトダイエットのリコピン効果でダイエットに成功しよう!!

 

漢方薬もおすすめです。

 

脂肪の燃焼や便通改善の漢方薬があります。

 

防風通聖散はナイシトールという商品にもなっています。

 

防風通聖散は内臓脂肪に効果がありますがメーカーは生漢煎がおすすめです。

 

生漢煎の効果はこちら

 

トマトに多く含まれるリコピンの効果とは

@心臓疾患や動脈硬化などの生活習慣病の原因「活性酸素」を消し去る
A脂肪細胞を燃えやすくし、太りにくい体質にする
B日焼けなどによる肌の老化を防ぐ

 

などがあり、美白、美肌、ダイエット等の効果が期待できます。

 

そのまま食べると基礎代謝が減ることに注意
トマトは夏野菜なので、体を冷やし基礎代謝が下がりダイエットの効果が下がってしまいます。
加熱を行った後でトマトを食べることで、基礎代謝の減少を抑えることができます。
また、加熱を行うことでリコピンの九州がされやすくなるという効果もあります。

 

 

ホットトマトのレシピ〜1人分:158kcal
<材料1人前>
トマト...1個、オリーブオイル...少々、塩...少々、こしょう...少々

 

<作り方>
トマトのヘタと反対側に十字の切込みを入れ、沸騰した湯に入れ、切り込みが浮き上がってきて 皮がはがれそうになったら熱湯から出す。 さらにトマトの皮を剥き食べやすいサイズに切る。 塩を降りオリーブオイルをちょっとかける。 仕上げに荒引き黒こしょうをかけて出来上がり!

 

ジャガー横田さんが2.1キロの減量に成功!
現役プロレスラーのジャガー横田さんが夜トマトダイエットを行い、2.1キロの原料を行ったそうです。
プロレスラーということで筋肉を維持しながらのダイエットはかなり困難かと思われます。
その中で2.1キロの原料というのは素晴らしい結果なのではないでしょうか.

 

 

 

一日に15mg以上のリコピンを取得する
大きめのトマトなら2個、ミニトマトは17個、トマトジュースだったら1本と少々、トマトケチャップとトマトピューレは大さじ4杯弱、ホールトマトなら1缶弱を目安に摂取しましょう。トマトジュースは簡単に取得可能なので利用しましょう!

 

夜トマトダイエットならお酒も飲める?

リコピンは活性酸素を除去してくれる抗酸化作用をもっています
お酒を飲む二時間前にトマトジュースを飲んでおくと、アルコールが分解されて活性酸素が大量発生する肝臓を助けてくれます。

 

 

 

 

防風通聖散でダイエット

防風通聖散で体質改善を行ってダイエットを成功させましょう!

 

 

 

防風通聖散とは?

防風通聖散は「ぼうふうつうしょうさん」と読みます。
防風通聖散は、交感神経に働きかけるマオウや、脂肪代謝経路に働くカンゾウ・レンギョウ、溜まった老廃物の排泄に働くダイオウなど、18種類の生薬がそれぞれの働きを助け合うように処方された 漢方薬です。脂肪を分解・燃焼する働きがあり、おなか周りの脂肪など、肥満症の改善に効果があります。また、便秘などにも効果的です。

 

効能・効果

腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:肥満症、便秘、高血圧の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ)、むくみ(ロート防風通聖散錠)

 

 

用法・用量

次の量を1日3回食前又は食間に、水又はお湯で服用してください。成人(15才以上)…3錠 15才未満…服用しないこと ※食間とは、食後2〜3時間を指す(ロート防風通聖散錠)

 

成分・分量

防風通聖散料乾燥エキス3.0g (キキョウ 1.2g、ビャクジュツ 1.2g、カンゾウ 1.2g、オウゴン 1.2g、セッコウ 1.2g、ダイオウ 0.9g、トウキ 0.72g、シャクヤク 0.72g、センキュウ 0.72g、サンシシ 0.72g、レンギョウ 0.72g、ハッカ0.72g、ケイガイ 0.72g、ボウフウ 0.72g、マオウ 0.72g、ショウキョウ 0.24g、カッセキ 1.8g、ボウショウ 0.9gより抽出)を含む。 添加物として、乳糖、バレイショデンプン、メタケイ酸アルミン酸Mg、ステアリン酸Mg、タルク、カルナウバロウを含む。(ロート防風通聖散錠)

 

 

 

防風通聖散の副作用

漢方薬にも少しは副作用があります。人によっては、胃の不快感や吐き気、腹痛や下痢などを起こします。また、動悸や不眠、発汗過多などもまれにみられます。つらいときは、早めに受診してください。

 

重い副作用はまずありませんが、配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。「偽アルドステロン症」と呼ばれる症状です。複数の方剤の長期併用時など、念のため注意が必要です。

 

そのほか、間質性肺炎と肝障害が報告されています。万一のことですが、咳や息切れ、呼吸困難、発熱、ひどい倦怠感、皮膚や白目が黄色くなる、といった症状に注意し、そのような不安が存在する場合はすぐ医師に連絡してください。